大宮

エスビー食品 緑黄色野菜カレー

レトルトの「緑黄色野菜カレー」(エスビー食品)を食べる。カボチャ入りでなかなか。
「22種の野菜」(トモヱ乳業)のパッケージはキレイだ。ジャケ買い

「サクサクしっとりきなこ」(リスカ)も美味しかった。リンク SHOP99研究所さん
ユニクロで夏のズボンを買う。3000円。天野喜孝イラストのTシャツが売ってた。オタも根付いた。

万来堂日記2nd - 森博嗣氏のよくあるタイプの新古書店批判。というか著作権があるからなんだというのか。 或いは むしろ燃やせ。
森博嗣はファン。最初のシリーズは全部買って「F」「使徒」「封印」の3冊だけ残した。残りは古本屋に売るか図書館に寄贈。Gシリーズは図書館で借りているが、なかなか借りられないので、そのうち自分で買って寄贈しようかと思っている。
部屋の本棚は飽和してる。が、最近は立読みで既読の「ネウロ」を今更買い集めてる日々。
本や漫画の値段が面白さに比例してれば良いのに。
.
物心ついた頃からの図書館っ子だが、「発売後一定期間」は図書館で貸出さないようにルール化すべきでは、と思う。作家保護というより書店保護の為。ベストセラーは本屋で。 
以前のベストセラーが何冊も図書館の本棚を占領してるのを見ると少しイラっとする。

アラビアの夜の種族 (文芸シリーズ) asin:4043636059
「アラビアの夜の種族」古川日出男(図書館)を読む。面白い。
壮大なイスラムファンタジー。剣と魔法と物語の物語。
何夜かに分けて読んだ。最大級の読み応え。
ミイラ医師シヌへ (地球人ライブラリー)」並みのストーリーの面白さと「グアルディア (SFシリーズ・Jコレクション)」並みの稠密ちゅうみつな描写。特に植物の夢あたり。
感想リンク 3Pダイアリーさん
.
逆に、読んだ人の脳を焼き尽くすような短歌を詠みたい。
 焼 く ? 

1000の小説とバックベアード 
「1000の小説とバックベアード佐藤友哉(図書館)を読む。面白い。
文学に対する寓話。
佐藤友哉が今まで書いてた講談社ミステリより読みやすいはいりだなー、村上春樹みたいだなーと思ってたら、纏めはよくわからなかった。ポエムでめたつもりか。
.
追記 三島賞受賞とのこと

奇偶(上) (講談社文庫) 奇偶(下) (講談社文庫) isbn:4062115824
「奇偶」山口雅也(図書館)を読む。つまらない。
反ミステリ小説。SF風味。
前半面白かったけど、ミステリはオチが命だ。別解があるのかもしれないが、それほど のめり込めない。